神戸・大阪での知的財産権の申請サービス
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
9:00-17:00(月〜金)
福島一

著作権法の改正案について

ブログを見て頂きありがとうございます!

朝日新聞で、「著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定」という記事がありました。
(https://www.asahi.com/articles/ASM2D6F8NM2DUCVL03V.html?iref=comtop_8_02)

著作権者の許可なくインターネット上にある漫画や写真、論文などあらゆるコンテンツについて、著作権を侵害していると知りながらダウンロードすることを全面的に違法とするという内容の改正案が提出されるそうです。

改正の経緯について、著作権者許可を取らずに勝手にインターネット上に著作物をアップロードすることは、今までも著作権法違反ですが、これは、音楽と映像に限られていたそうです。近年、YouTube等で、被害の深刻な漫画の海賊版サイト対策を機に、音楽や映像に限らず、小説、雑誌、写真、論文、コンピュータープログラム等あらゆるネット上のコンテンツに拡大されるそうです。

個人のブログ、ツイッターの画面等で、一部に著作権者のコンテンツ(例えば、アニメの絵やイラスト、写真等)が載っている場合、そのブログや画面のダウンロードは違法となるそうです。

画面を撮影して保存する「スクリーンショット」も、その画面に著作権者のコンテンツが含まれていれば、「スクリーンショット」をダウンロードすることで、違法になるそうです。

ただ、「著作権者のコンテンツということを知って」要件があるので、その部分をどう評価するかになると思います。

刑事罰の対象範囲は、「被害実態を踏まえた海賊版対策に必要な範囲で、刑事罰による抑止を行う必要性が高い悪質な行為に限定する」とのことで、

①いわゆる「海賊版サイト」からのダウンロード、②原作をそのまま丸ごと複製する場合、③権利者に実害がある場合、④反復継続して繰り返す行為、とのこと。

最近は、YouTubeで、海賊版サイトが横行していますので、主に、その辺りの悪質な著作権侵害者の取り締まりを意図しているのだと思います。

私もブログを書いていますが、近況に、その場のイベントの写真等を掲載しています。気を付けないといけません。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村


人気ブログランキング


メールでの無料相談はこちら

お問い合わせ
(C) 2019 化学・情報工学・ソフトウェア・機能性食品・サプリメントに強い特許商標事務所. All rights reserved.