社長のための国際特許商標事務所

米国特許の可能性について

ブログを見て頂きありがとうございます!

本日、日本で特許になっている案件について、米国で特許になることが分かりました。

大変、ホットしております。

この案件は、日本で特許になっている分、米国での特許の期待が高かったのですが、

中々、米国で特許化されず、日本での特許性と、米国での特許性の違いを思い知らされた案件です。

日本の特許制度と米国の特許制度は似て非なるものなので、それぞれの国に合わせて、どのような書類を提出するかが重要になります。

お客様には、随分、米国特許をお待たせしているのですが、特許になる道が開けて、安堵しております。

また、仕事に戻ります。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング