社長のための国際特許商標事務所

商標調査について

ブログを見て頂きありがとうございます!

お客様より、複数のネーミングについて、商標登録の可能性の問い合わせがありました。

全て、あるキーワードが存在するのですが、このキーワードが良く利用されている言葉でして、
それに、他の言葉を組み合わせたものです。

商標調査してみたところ、いずれも先行登録商標は無かったのですが、

この複数のネーミングの全体を再考しました。

商標では、特許庁に先行登録商標が存在しなったとしても、
本当に、先に出願した人がいないのか、
それとも、その言葉自体に登録要件が無いのか、
その都度、検討する必要があります。

言葉自体に登録要件が無いというのは、
言葉自体が普通名称に近く、識別力が無いという意味です。

今回の場合、私的に、言葉自体に登録要件が無いと判断しまして、
その旨を伝えました。

商標登録出願の難しさは、
特許庁に先行登録商標が無いと思って、先走って出願したとしても、
その言葉自体に登録要件が無い場合、登録されないという点であり、
その点を見極めるのは、結構、至難の業です。

私も、過去、思わぬ拒絶理由を受けて、それを解消するのに苦労しています。

ですので、出願の時は、思わぬ落とし穴に落ちないように、非常に慎重になります。

また、仕事に戻ります。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング