社長のための国際特許商標事務所

共同研究契約に関する問い合わせ

ブログを見て頂きありがとうございます!

先日、新規開発のための共同研究契約に関する問い合わせがありました。

新しい開発は、どのような分野であってもワクワクするものです。

ただ、共同研究契約は、相互に制限するものなので、お互いの思惑が出過ぎると、適切に締結することが出来ない場合があります。

私的には、お客様にとって、どこまで許可し、どこまで禁止するかをヒアリングして、こちらの利点、相手の利点を考慮しながら、交渉の切り札や落としどころを探っていきます。

今回の共同研究契約は上手くいくと願っています。

また、仕事に戻ります。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング