社長のための特許取得、商標取得、海外特許取得、海外商標取得等
日本語
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
9:00-17:00(月〜金)
福島一

ホンダ新型EVクーペを開発か…特許を申請、そのデザインとは

ブログを見て頂きありがとうございます!

YAHOOJAPANニュースで、「ホンダ新型EVクーペを開発か…特許を申請、そのデザインとは」という記事がありました(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000004-rps-ind)。

「ホンダは、「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」にて新型EV『ホンダe』の最新プロトタイプを初公開、そのスペックを公表したばかりだが、そのクーペ版と言えそうな2ドアEVスポーツが開発されている可能性が高いことがわかった。」とのこと。
このニュースはホンダの新車に関するものですが、新車画像は、なんと、特許申請の画像から写真を起こして予想しているというところです。

「ホンダは2017年の東京モーターショーにて、EVクーペ『スポーツEVコンセプト』を発表した。丸眼ヘッドライトにロングノーズ&ショートデッキを持つレトロチックな2ドアEVクーペだが、そのデザインを継承するモデルとなりそうで、ホンダはすでに特許画像を申請していることがわかった。
スクープサイトSpyder7では、その流出画像をベースに市販型予想CGを制作した。」とのことです。
特許申請では、基本は線図であり、写真を載せることは出来ますが、白黒がベースになりますので、特許画像から、カラーの画像を起こすのは、イメージも崩れる可能性があるので、大変だと思います。

「ヘッドライト、ホイールなど所々のパーツは「ホンダe」と共有する可能性もありそうだ。フロントエンドは、グリルデザインをよりスポーツ性を強調させたシャープなデザインとなり、バンパー部分は両端に切れ込みを入れることで立体的な印象に。フロント、リアのハウス部分は大胆とも言える大きな膨らみを持つ。スポーツバージョンであるための走りのイメージが強調され、ミッドシップ風ボディスタイルが特許画像からも確認できている。」とのこと。

機能面では、特許画像からの特定が出来ますが、色については、少し怪しいと思います。
ホンダからの新車について注目する方は沢山いると思いますが、新車画像を特許画像から予想していくというのは、大分、注目度が高いことがうかがえます。
果たして、ホンダからの新車は、今回の予想画像とどれだけ一致しているでしょうか。楽しみですね。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村


人気ブログランキング


メールでの無料相談はこちら

お問い合わせ
(C) 2019 社長のための国際特許商標事務所. All rights reserved.