社長のための特許取得、商標取得、海外特許取得、海外商標取得等
日本語 英語
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
9:00-17:00(月〜金)
福島一

ジャパンライフ、元特許庁長官ら5人に計約1億4500万円の顧問料

ブログを見て頂きありがとうございます!

YAHOOニュースで、「ジャパンライフ、元特許庁長官ら5人に計約1億4500万円の顧問料」(読売新聞オンライン)という記事がありました(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00050244-yom-soci)。

記事では、「今春に特定商取引法違反容疑で警視庁などの捜索を受けた磁気治療器販売会社「ジャパンライフ」(破産手続き中)について、被害弁護団は18日、同社が元官僚ら5人に計約1億4511万円の顧問料を支払っていたと発表した。 5人は同社のパンフレットで氏名や肩書などが紹介されており、弁護団は「5人が広告塔となったことが被害拡大に拍車をかけた」として、顧問料を返還させるよう同社の破産管財人に求めている。
 弁護団によると、最も多額だったのは元通産相秘書官の男性で、13年間に計9060万円を受け取った。次いで元朝日新聞政治部長が5年間で計約3011万円。元科学技術庁職員も8年間に計1780万円を受け取ったほか、元消費者庁課長補佐が360万円、元特許庁長官が300万円を各1年間受領した。」とのこと。

なんと、元特許庁長官も、 マルチ商法を展開していた 「ジャパンライフ」の広告塔となっていたことが判明したのです。
金額は、300万円であり、他の方より少額ですが、詐欺まがいの会社に元特許庁長官も関係していたという事実は、非常に残念ですね。

記事では、「同社は「磁気治療器のオーナーになれば年6%のレンタル収入が入る」とうたって全国の高齢者ら約7000人から計約1800億円を集めたとされる。」とのことです。

1800億円のうち、顧問料として1億5000万円ぐらいを使っていたんでしょうね。顧問料の割合は低いですが、元官僚の名前というのは、高齢者などの消費者には有効だったんでしょうね。
年末最後、大変残念な事件でした。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村


人気ブログランキング


メールでの無料相談はこちら

お問い合わせ
(C) 2020 社長のための国際特許商標事務所. All rights reserved.