社長のための特許取得、商標取得、海外特許取得、海外商標取得等
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
9:00-17:00(月〜金)
福島一

アディダスの3本線、商標権は無効 EU裁判所が判断

ブログを見て頂きありがとうございます!

YAHOOJAPANニュースで、「アディダスの3本線、商標権は無効 EU裁判所が判断」という記事がありました(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000020-jij_afp-int)。

なんでも、「独スポーツ用品大手アディダス(Adidas)が製品に使用している「3本線」について、欧州連合(EU)の高裁に相当する一般裁判所(General Court)は19日、保護に値する独自性に欠けるとして商標権は無効とする判断を下した。」とのことです。私的には、アディダスの3本のロゴは特徴的と思いますが、識別力が無いと判断されたようですね。

「3本線はランニングシューズからスポーツバッグ、Tシャツの袖に至るまであらゆるアディダス製品に使われているが、一般裁判所は「ありきたりな象徴マーク」だと指摘。3本線がEU加盟28か国全域において「際立った特徴」を示しているとアディダス側が証明できなかったとし、2016年に商標登録を取り消したEU知財当局の決定を支持した。」とのことです。厳しい判断ですね。

「アディダスの3本線をめぐっては、同社と競合企業であるベルギーのシュー・ブランディング・ヨーロッパ(Shoe Branding Europe)が長きにわたって法廷闘争を続けている。シュー・ブランディング・ヨーロッパは2009年に2本のストライプのデザインを商標登録しており、これにアディダス側は異議を申し立てていた。」とのこと。欧州では、もめている3本線のロゴだったんですね。企業間の係争であれば、激しく対立していたんだと思います。

こういうもめそうな案件は、商標戦略としていろいろなバージョンで素早く登録しておくのが肝要と思います。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村


人気ブログランキング


メールでの無料相談はこちら

お問い合わせ
(C) 2019 後悔したくない社長のための福島特許商標事務所. All rights reserved.