社長のための国際特許商標事務所

日本弁理士会の講演会の参加

ブログを見て頂きありがとうございます!

先日、日本弁理士会の講演会に参加してきました。

タイトルは、
「日米の特許審査の違いについて
~なぜ日本的なクレームや進歩性の主張では米国で特許にならないのか~

というものです。

小生も、過去、日本で特許になっている案件なので、なぜ、米国の審査官は、拒絶理由通知を出してくるのか、
苦心することは、多々あります。

法律やプラクティス等が異なるので、一定にはならないことは分かっておりますが、
やはり、良い仕事をするためには、もう少し深堀する必要はあります。

今回の講演会で、その理由が分かってきたように思います。

お客様からすれば、日本で特許になっているのに、何で、米国でスムーズに特許にならないのか?という疑問は有ると思います。

実務をしている小生でも、そのような疑問は多々ありますが、品質の良いサービスの提供をするためには、米国でスムーズに特許にする術を身に付ける必要があります。

今回の講演は、その点で参考になりました。

また、仕事に戻ります。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング